ひとりエッチのおかずになる小説

ひとりエッチ向き官能小説(1)一週間の虜

濡れ場が2回。
相手のことをよくわからないまま強引に抱かれてしまうのと相手のことを知ってから。

 

強引に犯される感じ愛されて抱かれる感じが味わえるようになってます。

 

「強引に」といってもムチャクチャに乱暴されるというわけではありません。
わけも分からず抵抗しているうちにカラダが反応してしまって…というパターン。

 

ありがちですが、ひとりエッチのおかずにはしやすいですよね。

 

簡単にあらすじを紹介すると…。
主人公は勤めていた会社がつぶれてしまい、バイト暮らしの生活をしている26歳の元OL。

 

突き飛ばしてしまった男が頭を打って死んでしまう。
人生終わった…と思ったところで王子様が現れます。

 

自宅に連れて行ってくれ、かくまってくれる。
犯行は誰にも見られていないので、このままなら捕まらない。

 

ただ、王子様には監禁されてしまう。
そこで、強引に抱かれる…という展開です。


女の子に人気のエルシーラブコスメティック

女性のひとりエッチ向き官能小説(1)関連ページ

ひとりエッチ向き官能小説(2)そらまめ
ひとりエッチで使える女性向けの官能小説「そらまめ(うかみ綾乃著)」のあらすじと読みどころを紹介しています。
ひとりエッチ向き官能小説(3)ゆき列車
ひとりエッチで使える女性向けの官能小説「ゆき列車(うかみ綾乃著)」のあらすじと読みどころを紹介しています。